トップランナー油入変圧器2014 (FHGシリーズ)

進化し続ける省エネスパイラル、トップランナー第二次判断基準対応FHGシリーズ 登場!
凝縮したフォームに信頼性能と使い易さを備えて、環境調和に対応します。

 

特長1 : 省エネ性向上

従来品 (第一次判断基準トップランナー品) と比べ、エネルギー消費効率を平均13%低減、各負荷率においても効率を向上させました。それにより消費電力抑制,CO²排出量・年間電力料金の削減に寄与します。

三相 50Hz 750kVAの場合

※年間電力料金 = 単位電気料金 (12円/kWh) × 年間電力使用量 (kWh) として算出
※CO2発生量 = 年間電力使用量 × 最大受電端排出係数 0.555 (kg/kWh) として算出
【平成24年公布「地球温暖化対策の推進に関する法律施行令」より】

特長2 : コンパクト化

床面積・体積を従来品比平均約6%低減しました。設置スペースも従来通りの活用が可能です。総質量も使用材料の最適化を図り軽量設計とすることで、従来品と同等と致しました。

特長3 : 利便性向上

75kVA以上機種には油面温度計・排油弁を標準附属品とし、機器の監視やメンテナンスの容易化を図り、利便性を向上しました。

特長4 : 騒音低減

騒音低減に効果がある材料を採用し、従来品と比較し平均7dB (基準値に対しては平均19dB) の低騒音化を実現しています。