PCB無害化事業

平成13年7月に「ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」 が制定されました。
現在、ポリ塩化ビフェニル(以降 PCB)絶縁油入りトランス等の処理事業が全国各地で運用開始されていますが、保管中の対象物には搬出・運搬における制約等から保管現場で絶縁油の抜油が必要なものが存在します。
当社は、過去にPCB入り変圧器を製作した経験・実績を活かしてPCB無害化事業の研究・実験に取り組んできており、これらトランスから絶縁油を安全に抜油し、保管場所からの搬出を可能とする事業を行っています。

1.保管現場での抜油が必要な対象物

2_8PCB

1 移動により破損、漏洩の恐れがある場合。

  • 腐食、キズ、へこみなどの程度が大きい
  • 漏れ等の仮補修がされている
  • ガスケットの劣化等で移動すると漏れが生じるもの

2 搬出・運搬制限を超える場合。

  • 外形寸法が搬出経路の通路、扉、エレベータ等の制限寸法を越えているもの

3 処理施設の受け入れ制限を超える場合。

  • 外形寸法、重量

4 自治体の規制等により抜油が必要な場合。

  • 道路運送上の制限や橋・トンネル等の通行許可条件など

2. PCB抜油から搬出までの手順

3. 本件に関するお問い合わせ先

営業部 電力営業課
TEL (076)475-1123
FAX (076)475-1841